サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

ソンバーユは浸透性が高い

ソンバーユとは尊馬油と書きますから、ずばり馬油です。
ソンバーユがアトピーに効くとされているのは、保湿効果だけではなく、抗菌作用や血行促進作用も持ち合わせているからです。

さらに人の皮脂とほぼ同じような配列になっているため、体温で溶けやすく、皮膚組織の奥まで浸透するなど浸透性にも優れているのです。
さらに皮膚表面に油膜を張って、水分の蒸発を防いだり、皮膚の酸化を防いで活性酸素の発生を抑制します。

抗菌作用があるので、黄色ブドウ球菌などの菌の繁殖も防いでくれるようです。
アトピー肌がジュクジュクと湿潤したり、炎症を起こすのは細菌に対する抵抗力が弱いことが原因です。

通常の人の皮膚のように弱酸性ではないことも起因しているのでしょう。
このように抗炎症作用もある馬油ですから、ソンバーユでアトピーの炎症が緩和されます。

さらには血行を促進することで、栄養が皮膚細胞まで行き渡ります。
栄養成分が皮膚に行き渡ることで、代謝を促し、健康なお肌を手に入れることが出来るというわけです。