サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

アトピーは保湿が大事

保湿というと化粧水や乳液、クリームを思い浮かべると思います。
女性ならともかく男性は保湿に対する意識が薄く、お風呂上がりに化粧水を塗るということすらしていないのではないでしょうか。

一部の意見では保湿をしすぎると体の元々持っている保湿力や免疫力、自然治癒力が低下すると言われていますが、そんなことはありません。
保湿は大事です。

アトピーを治そうと思ったら、お肌のスキンケアは必ずするべきです。
もし保湿をすることによってお肌に支障が出るなら、世の女性はスキンケアを止めなければなりません。

アトピーの炎症や湿疹、かゆみの原因はお肌の乾燥です。
乾燥した肌は細胞間にすき間が生じ、水分量や油分が少ないため、あらゆる刺激に対応することが出来ません。

つまり皮膚が弱体化しているということです。
保湿剤を使ってスキンケアをした方でアトピーが悪化したという方はおそらく元々の体内環境が低下していたこと、あるいは使用した保湿剤が良くなかったのだと考えなければいけません。

スキンケア選びにおいてお肌との相性は大切です。
一部の人に効果があっても、他の人には効果がない、又は効果が薄いというのは保湿に限らずよくあることです。

ただ保湿剤に使われている成分で絶対に避けなければいけない成分もあります。
例えば防腐剤や保存料、香料などの化学成分です。

これらの化学物質は直接アレルギー反応を起こすこともあります。
炎症が悪化したというのであれば、まず成分をチェックしてみてください。

本来アトピー肌にとって保湿というのは、お肌のバリア機能を強化する上で欠かすことが出来ません。
アトピー肌の人の多くは細胞間脂質が不足していて、お肌の水分含有量が十分ではないケースがほとんどです。

そのため、ウィルスや細菌、ダニ、ホコリのようなアレルゲンが侵入しやすい状態にあり、また免疫力が低下、あるいは異常な状態であるためアレルギー反応を起こしてしまうのです。
アトピーを克服するには体質を改善して免疫力を正常にするのはもちろん大事ですが、それ以前に皮膚の強化をする必要があります。

または免疫力が低下しているから、お肌が荒れた状態である可能性もあります。
年を重ねるとともに水分量が不足してしまうのは止めようのないことですから、スキンケアで保湿をする習慣を作ることは正常な皮膚を保つ上で必要であると認識しましょう。