サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

魚を食べよう

アトピーに悩んでいる方はお肉中心の食生活だったりしませんか。
食の欧米化に伴って、日本人も魚を食べる機会が減っています。

しかし食生活を肉から魚にシフトすることが、実はアトピーを治す上で重要なのです。
では何故魚がよいのかというと、魚にはDHAやEPAが含まれており、アトピーや喘息といったアレルギー症状の改善に効果があるのです。

逆にお肉に含まれるアラキドン酸はアトピーを悪化させます。
DHAやEPAはアレルギー症状の抑制のみならず、血流の改善、コレステロール値を下げるなどの働きがあります。

さらに肉と魚の決定的な違いのひとつに脂質があります。
お肉は飽和脂肪酸に分類されるのに対して、魚は不飽和脂肪酸に分類されます。
不飽和脂肪酸は消化に負担をかけず、腸内環境を改善させます。

腸内環境の悪化がアトピーを引き起こすことはご存じだと思いますが、消化に悪い飽和脂肪酸を摂取し続けていると、悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化します。
さらに癌などの生活習慣病も引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

さてDHAやEPAを多く含む魚は特にイワシやサンマなどの青魚です。
なおフライにしてしまうと、油にもよりますが、リノール酸などを摂取してしまう恐れがあるので、生の刺身を新鮮な状態で召し上がると一層効果があります。

一方で魚にアレルギーがあるという方は注意してください。
蕁麻疹が出たり、喉がかゆくなるという方もいるようです。

特に鮮度の落ちた魚介類はアレルギー症状を訴える方が多いです。
そのような方はアトピーを治す上では他の方法をお試しください。