サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

砂糖は控える

ケーキやお菓子だけでなく、さまざまな料理に砂糖は使用されます。
完全に砂糖を食事から除去することは難しいでしょうが、砂糖はアトピーを悪化させる恐れがあります。

アトピーの原因に腸内環境が影響していることはご存じかもしれませんが、砂糖を摂取すると腸内で悪玉菌が増殖します。
砂糖は悪玉菌の大好物なのです。
当然悪玉菌優位になった腸内では免疫力、消化力は低下し、アトピーを悪化させる要因となります。

なお砂糖を消化する際には体内のビタミンやミネラルを消費することはご存じでしたでしょうか。
ビタミンやミネラルは健康なお肌には欠かせない成分です。

これらは代謝を活性化させて、老廃物を排出したり、コラーゲンの生成を助けて皮膚の潤いを保持させる効果があります。
そのため不足するとお肌がカサカサになったり、炎症や湿疹、かゆみの元になるので注意が必要です。

とはいっても砂糖を摂らないことなど不可能だと思われるでしょう。
砂糖を完全に除去しなくても、量を減らすことが出来ますし、オリゴ糖を糖質として使用する方法もあります。

一方砂糖の持つ甘みは脳内でエンドルフィンやセロトニンを放出させ、ストレスの解消に役立つという研究結果もあります。
ストレスを解消し、心身ともにリラックスすることもアトピーを完治させるには有効ですから、ストレスを溜めない程度に程良く砂糖を摂取するのがよいのかもしれません。