サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

炎症を抑えるしその効果

しそは平安時代に中国から伝わり、昔から薬に用いられてきた緑黄色野菜です。
独特な香りがありますが、この香りがアトピーなどのアレルギー疾患を改善する効果があると言われています。

アレルギー反応はダニやハウスダストなど体内に侵入した異物を攻撃しようと、白血球からTNF(腫瘍壊死因子)が分泌されることで起きるものです。
このTNFの産出量を減らす効果がしそにはあるといわれます。

これはしそに含まれるルテオリンというフラボノイドの働きによるものですが、強力な抗酸化作用があり、血液循環を改善する効果もあると言われます。
このルテオリンの働きによって過剰な免疫反応を抑えられ、炎症の悪化も抑えることが出来るのです。

実際の臨床実験でも、しそジュースを飲んだ患者さんのアトピーの症状が改善したことが分かっています。
またしそにはロズマリン酸というポリフェノールも豊富に含んでいます。

ポリフェノールには抗酸化作用があることはご存じでしょうが、活性酸素を除去して炎症の悪化を防ぐことが出来ます。
他にもしそにはβカロテンやビタミンC、ビタミンEも多く含んでいますから、これらのビタミン類も体の酸化を防ぎ、アレルギー疾患を抑制してくれるのでしょう。