サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

掃除と換気

衛生仮説といって清潔すぎる環境がアトピーを増加させていると言われています。
しかし現代の日本の住宅は気密性が高く、エアコンの稼働による気温や湿度の一定化により、ハウスダストがどうしても発生してしまいます。

ダニやホコリ、花粉などのハウスダストは体内に入るとアレルギー反応を起こしてアトピーや喘息、花粉症といったアレルギー性疾患を引き起こしてしまいます。
そのためアトピーの方はもちろん、アトピーにならないためにも掃除や換気を行ってハウスダストを減らす工夫をする必要があります。

ハウスダストは人間やペットの体から出る垢やフケ、髪の毛や衣服の繊維など室内にいるとどうしても発生してしまうものです。
とくにアトピー患者のほとんどはダニアレルギーを持っているといわれます。

一般的に夏場にダニは繁殖するといわれますが、冷暖房の発達により、ダニは1年中室内で繁殖していると思ってよいでしょう。
ダニの糞や死骸は強力なアレルゲンとなるばかりか、ダニのエサになってダニを繁殖させます。

定期的に掃除や換気をしないとダニは増えるばかりです。
また日本の住宅は気密化が進んでおり、湿気が逃げにくいと言われており、カビも発生しやすくなっています。

夏場はドライ運転をするなどして除湿をすると効果的にカビの繁殖を抑えることが出来ます。
また毎日換気をすることでダニやカビの発生しにくい温度や湿度を保つようにしましょう。

部屋の掃除というと掃除機が思い浮かびますが、それだけではありません。
家具や照明、カーテンなども掃除や洗濯をする必要があります。

これらは掃除機で対処できないため、濡れた雑巾などを使ってホコリなどのハウスダストを取り除かなければなりません。
床の掃除は掃除機を使って行いますが、絨毯やカーペットは置き敷きタイプを使い、たまに洗濯やクリーニング、日干しをすると効果的です。

フローリングは比較的ダニの数が少ないと言われますから、夏場などはフローリングで生活するとアトピーにはよいかもしれません。
寝室は布団を敷くため、ホコリが舞いやすく、またベッドの裏や隅はダニの溜まりやすい箇所といえます。

定期的に掃除をしたり、空気清浄機を設置することで空気中に浮遊するハウスダストを効率的に除去出来ます。
空気の滞留する場所はどうしてもハウスダストが溜まりやすくなりますから、家具の配置場所や空気の通り道を作る工夫をしてハウスダストを減らすようにしましょう。

清潔な住環境はアトピーの改善だけでなく、心身ともにリラックスできる環境を作り出すことが出来ますから、綺麗な室内を保つ毎日の習慣が大切です。