サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

ストレスと上手く付き合う

ストレス社会において完全にストレスをなくすというのは不可能です。
そのためストレスと上手く付き合うための工夫が必要になります。

長期間ストレスを感じると体内でストレス性ホルモンが分泌されるため、過剰な免疫反応が起こるようになります。
いわゆる免疫機能の異常ですが、この状態が長く続くと、何らかの原因で体内に侵入した異物に対して体の防御機能が働きアレルギー反応が起こります。

アレルギー反応が皮膚に炎症やかゆみを生じさせる皮膚疾患をアトピーといいます。
アトピーの発症や悪化にはストレスとの関わりも考えられます。

不快な思いや不安、緊張を感じるとストレスとなりますが、アトピーを発症すると辛いかゆみや見た目に対してさらなるストレスを感じ、症状を悪化させます。
この悪循環がアトピーが治りにくい理由ともいえます。

ストレスと上手に付き合うためには、生き方や考え方を変える必要があります。
気の弱い人や心配性の人などは通常の人よりもストレスのダメージが大きいと言われます。

考え方が前向きの人であれば同じ境遇に合ったとしても受けるストレスの度合いは違ってくるでしょう。
ポジティブな人間ほど心身ともに元気であるため、免疫機能も乱れることは少ないのです。

アトピーになってしまうと余計にコンプレックスを感じたり、視野が狭くなってしまいがちですが、気持ちをおおらかに持って楽観的でいる方がアトピーを治そうという気持ちになりやすいものです。
また趣味を持つことも大切です。

自分が楽しいと思えるものであれば何でもよいと思いますが、大切なことは楽しいという満足感を与えてくれる趣味であることです。
満足感はストレスを鎮め、気持ちを軽やかにしてくれます。

ウォーキングなどの運動もよいでしょう。
運動はそれ自体が体質を変え、免疫力を取り戻す作用があります。

1日の内30分?1時間程リラックスする時間を作るのも効果的です。
リラックスはリビングや寝室でもよいですが、お風呂場で入浴しながらのリラックスはおすすめです。

リラックスする時間を作ることは交感神経と副交感神経の切り替えを円滑にし、自然と自律神経のバランスを整えてくれます。
家庭や職場での人間関係も大切でしょう。

安心感を与えてくれる人間関係を築き、ストレスと上手く付き合う方法を自分なりに見つけてみてください。
アトピーはストレスと上手に付き合うことが大切です。

なおストレスをためないためにはよく眠ることも大切です。
抱き枕を抱いて寝ると快眠できるそうですから、お試しください。