サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

アトピー性皮膚炎に完治はない

4歳と2歳の子供がいます。
一年半程前に、二人とも同時にアトピーと診断されました。

全身が乾燥して、酷いところは掻きこわして血が出るほどでした。
寝る時はアトピー用の手袋をして寝かせていました。

小さい子供なので掻くことを我慢できず、親としては見るのも辛い時期でした。
皮膚科に行ってアトピーと診断され、弱いステロイドのお薬を処方されました。

ステロイドに抵抗があったのですが、とにかく酷い症状が治まるまでは使うことにしました。
朝とお風呂上がりの1日2回、乳液とステロイドのお薬を重ねて塗るという使い方です。

一方、ステロイドに頼らない治療法をインターネットで調べました。
アトピー用の化粧水やクリームはとても高価でとても手が出ませんでした。

玄米食にしたり乳製品を控えるといった食事療法は、極端なことをする気にはなれませんでした。
症状が落ち着いてきたことと、下の子は乳児だったことが理由です。

夏にはほとんど症状が治まりました。
外出時に日焼け止めを塗って、汗をかいたらシャワーで流しました。

皮膚科でもらった乳液だけで過ごせていました。
ステロイドについては、皮膚科の先生を信じて使い続けることにしました。

秋から冬にかけての乾燥の時期は、とにかく保湿に心掛けていました。
エモリカなどの入浴剤を使ったり、痒そうなら乳液を塗ったりしました。

前年の様な酷い症状にはならず、なんとか過ごしました。
今年の冬もどうなるかと心配していたのですが、何とか大丈夫そうです。

言わなければアトピーと気づかれないくらい綺麗です。
現在は、保湿クリームとステロイドのお薬を1日2回塗っています。

お薬が塗りにくいことを訴えたら、保湿剤(ワセリンのようなもの)と混ぜて処方して下さいました。
アトピーは、はっきりと「完治」ということがないようです。うまく付き合っていけたらと思います。