サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

ステロイドを使わずにアトピー完治

もともと自分自身が幼児の頃にアトピー性皮膚炎を患っていました。
妊娠した時、アトピーが遺伝したら嫌だという思いはありましたが、出産後の慌ただしさもあり、しばらくの間忘れていました。

子供の1か月健診の時、「あー、出ちゃったかー」と乳児湿疹のひどさを言われて多少気になりましたが、乳児湿疹は数か月間続く場合もあるという情報をたよりに様子を見ていました。
また、自分が病院・薬嫌いというのもあり、乳児湿疹で病院へ!という気持ちはありませんでした。

しかし、子供が3か月になっても一向に湿疹は改善せず、耳元がじくじくしてきてしまいました。
子供はかゆがり、ずっとぽりぽりとかいているのでもちろん自然治癒しません。

夜かゆさで眠れない子供を見て、まずは小児科を受診しました。
小児科では、まず「アレルギー検査は小さすぎる子供に対しては行わない」「アトピーという診断は難しいので現時点ではそうと断言できない」と説明されました(そう言いながらカルテには「アトピー性皮膚炎」と記入しているのを目撃して、ショックを受けました)。

薬は飲み薬と保湿剤、ステロイドでした。
ステロイドの効果は強力で、あっという間にじくじくが治りピカピカの肌になりました。

眠れないほどのかゆさだった症状が劇的に改善したという点において、治療の最初にステロイドを使用したのは、間違ってはいなかったと思ってはいます。
ただ、塗らなくなるとすぐに症状が悪化するので、このままずっとステロイドを塗らなくてはならないのかという恐怖がだんだん芽生えてきました。

そんなタイミングで引っ越しをすることになり、子供は引っ越し先の近所の皮膚科に転院しました。
すると、偶然転院先はステロイド不使用の治療を行う病院だったのです。

生活改善アドバイス(原因食物除去)をされ、皮膚症状と食物アレルギー・腸の関係について説明を受け、ステロイド不使用の塗り薬と腸の飲み薬で治療を開始。
効果は緩やかだし、子供はかゆがってかくのをやめないため、一進一退を繰り返し、結局その皮膚科には1年ほど通うことになってしまいました。

先生にはごぼう茶はアレルギーを治す効能があるといわれ、ごぼう茶も試しました。
体質を改善していかなくては、アトピーは完治しないそうです。

それでも、なんとか治ったのです。
治療は楽ではありませんでしたが、今は皮膚症状がなく、本当に粘ってよかったと思っています。

ステロイドで当初の症状を短期間で改善してくれた病院、ステロイド不使用で長期にわたり治療してくれた病院の両方に感謝しています。