サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

アトピー肌の正しい洗顔方法

基本的に洗顔料などの洗剤はアトピー肌にはダメージを与えます。
洗顔料などの洗剤には泡立ちを良くするために界面活性剤という化学物質が含まれています。

この界面活性剤がアトピー肌の天敵で、どんなに気を付けて洗っても、多少なり皮脂や角質層を繋ぐ細胞間脂質は洗い流されてしまいます。
皮脂や細胞間脂質が無くなるということは、お肌の保湿力が低下し、お肌を乾燥させてしまうということです。

では洗顔料を使わない方が良いのかといえば、汚れや不要な脂質は綺麗に洗い流さなければ、アトピーを悪化させる要因となります。
お水やお湯でもある程度汚れや脂分は落とせるものの、完全に洗い流すことは出来ません。

ですから洗顔料は使った方が良いです。

なお女性の場合はクレンジング剤を使うと思いますが、クレンジング剤もアトピー肌には良くありません。

とはいっても、ノーメイクだと紫外線などの外部の刺激を直接受けてしまいますから、軽めのファンデーションなどはした方が良いです。
ただお化粧するならお水や石鹸で洗い流せるタイプの化粧品を使うと良いでしょう。

洗顔料もクレンジング剤もお肌に優しいもの、低刺激のタイプを選ぶようにします。
界面活性剤を配合していないものがあれば、その方が良いです。

また洗顔時に気を付けたいこと、それは摩擦です。
汚れや皮脂を洗い流そうと、ついごしごし洗ってしまう人がいますが、摩擦はお肌にダメージを与えます。

摩擦によって表皮層や角質層が傷つくと、お肌の保湿力が低下し、ますますお肌の乾燥を招きます。
洗顔時はしっかり洗顔料を泡だてて、泡で優しく洗うようにすることがポイントです。

くれぐれもお肌をこするのはNGです。
なお洗顔料はどんなに刺激が少ないタイプでも洗浄力は強力です。

ですから洗顔料を使うのは1日1回、2回も3回も洗顔料を使うとお肌を必要以上に乾燥させてしまうので注意が必要です。
また洗顔は脂が出やすいTゾーンや小鼻から洗いましょう。

泡を乗せている時間が長いとその分、お肌の皮脂を奪ってしまうので、乾燥しやすい部位は最後に洗顔して、十分にすすぎ落とします。
それから洗顔後はオイルや化粧水を使って、しっかり保湿します。

保湿する際もお肌を傷つけないように優しく行ってください。
オイルや化粧水の量が少ないと、どうしても指で肌を傷つけてしまうので、たっぷりな量を取って保湿ケアをすると良いでしょう。

洗顔はアトピーケアにとって大事ですが、やり方を間違えると悪化要因になりかねません。
正しい洗顔方法を覚えておくと良いでしょう。