サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

地獄の試練を乗り越えて

アトピー、それは地獄だ。
想像を絶するかゆみ、痛み。

私はこれと20年付き合ってきたが、長かった。
これのせいで人生の大事な時期はすべて消え去ったといっていいだろう。

真っ赤にただれ、がさがさの肌、真夏に半そでを着ることは許されない。
髪は抜け落ち、思春期にはすでに未来への希望はなくなっていた。

もちろん改善に向けての努力は惜しまなかった。
漢方も塗り薬も食事も運動もしたがなにも効果がない。
たとえ一時的に軽くはなるもののまた必ずひどくなる。

高級保湿剤だのクリームだのも試した。
精神的にもボロボロで「これで必ず治る」というありきたりな言葉にすがったのだ。

しかし、今私はアトピーとはまったく関係のない人生を送っている。
朝、何の躊躇もなく起き、もりもりご飯を食べ、お風呂のあと何もしない。
半そでを着て外に出かけることができる。
普通の生活のありがたさを実感しているのである。

どうやってアトピーを改善したのか…?
アトピーというのはその見た目から肌の病気とおもわれがちである。

しかし肌の病気ではない。
ではなんの病気なのか?

腸である。

見た目は腸の病気からくる「症状」でしかないのだ。
元を正さねばいくら「症状」を改善しても意味がないのである。

アトピー患者というのはストレス耐性が非常に低い傾向にある。
ストレスを感じれば人間の体というのはどこかしら異常をきたすものだ。

アトピー患者はそれが胃腸にくるのである。
腸がボロボロでは何をしても何の効果も得られないのはこのせいであり、当然なのだ。

わたしは3ヶ月に渡り腸改善に向けて徹底した。

・冷たいものは摂らない
・3食おかゆ
・脱ステ・脱保湿

上2つは簡単に出来るが脱ステ脱保湿というのは地獄であった。
ステロイドで押さえ込んでいた体の膿を出すのはそう容易くはない。

体は全身腫れ上がり痛くて動けないのである。
最低1ヶ月はトイレ以外寝込む覚悟が必要である。

しかしこれを試した結果、今は新しい世界の中で生きている。
私はこの経験を通じて今では何事でも乗り越えられる自信がついた。

たとえまた再発したとしても、腸の改善を計れば治ることがわかっているので何も怖くない。
毎日悪化に怯えて暮らす日々はもう過去の話なのだ。
同じ思いをしている人に、一人でも多くこのことを知ってほしい。