サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

アトピーの様々な辛い症状

アトピーと聞くと、どのような症状を想像されるのでしょう?
一般的には皮膚がかゆくなることを想像されることでしょう。

しかしアトピーは皮膚のかゆみ以外に喘息症状などが現れることもあるのです。
皮膚が痒くなるのが一般的に症状ではあると思いますが、それも年間通してかゆみが出る人、冬場の乾燥している季節や 反対に夏場など汗をかいた時に痒みがでる人など、症状は様々です。

また先にも書きましたがアトピー喘息といわれているものもあります。
アトピーも喘息もアレルギー症状の1つと言われています。

アトピーは現代社会とは切れない現代病なのかもしれません。
もともとの体質的なものもあるのでしょうが、それに現代の食事や車の排気ガスなど、様々な要因が上乗せされて症状が悪化していると思われます。

あるお医者様にアトピーのことで相談に行ったことがあるのですが、昔の食生活をすることにより改善することができるとおっしゃったのです。
100パーセント昔の食事にすることは困難ですが、可能な限り実践することで少しずつ軽減されているように感じています。
発症に気づいてから治すまでに、2倍の時間がかかると、そのお医者様はおっしゃいました。

例えば子供の場合、2歳で気づいたら食生活の見直しで4歳くらいまでに治るということです。
大人の場合は、2倍以上時間がかかることもあるようですが、ゴールはまだまだ見えませんが、改善されていることは実感しているので、可能な範囲で昔の食事を続けていこうと思います。