サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

玉ねぎで免疫力が上がる

玉ねぎは季節を問わず手に入り、値段も安価ですが、高い健康効果が昨今注目を集めています。
玉ねぎには抗酸化作用の高い成分がたくさん含まれており、中でもケルセチンというポリフェノールは抗酸化作用が高いと言われています。

活性酸素もアレルギー疾患の原因になりますから、ケルセチンが活性酸素を除去することで、アトピーの症状も改善する可能性があります。
ケルセチンは抗酸化作用の他にも血液をサラサラにして、血栓や動脈硬化を未然に防ぐ効果もあります。

また玉ねぎにはビタミンCも豊富ですから、抗酸化作用の他、免疫細胞である白血球の働きも高め、病気にも強い体作りに役立ちますし、疲労回復効果のあるビタミンB1も豊富です。
さらに玉ねぎの特徴として、硫化アリルという成分があります。

玉ねぎを切ると目がしみる経験があると思いますが、これは硫化アリルの仕業です。
玉ねぎの臭いと辛味の原因はこの硫化アリルによるもので、体内でアリシンという成分に変わり、ビタミンB1の吸収力を高めると言われます。

ビタミンB1は疲労回復効果の他、新陳代謝も活発にしますから、アトピーで傷ついた皮膚の回復も促進してくれます。
通常ビタミンB1は摂りすぎると排泄されてしまいますが、玉ねぎのアリシンと結合すると、血液中に長く留まるようになりますから、効果が長続きします。

なお玉ねぎを加熱すると、硫化アリルの働きが弱まるとされますが、その一方で玉ねぎに含まれるオリゴ糖は逆に増えると言われます。
オリゴ糖もアレルギー疾患の緩和に効果的とされますが、ビフィズス菌などの善玉菌のエサになって善玉菌を増殖させますから、腸内環境を整えるのに役立ちます。

腸は免疫機能を司る器官です。腸内環境が乱れると免疫機能が低下し、アレルギー疾患だけでなく、あらゆる病気や老化を引き起こすものです。
ですからオリゴ糖を補給することで、免疫機能が正常になり、アレルギー疾患も予防、改善できるというわけです。

さらに玉ねぎに含まれるフラクトオリゴ糖は加熱することで分解され、より体内に吸収されやすくなります。
玉ねぎはアトピーだけでなく、あらゆる生活習慣病予防にも効果を発揮しますから、毎日の食生活に取り入れると良いでしょう。
玉ねぎの効能についてはこちらもご覧ください。