サイドメニュー


おすすめ食材

ページイメージ

ヨーグルトで腸内環境を整える

腸は消化吸収を行うだけでなく、体全体の免疫力を司る重要な器官です。
私たちの身の回りには、目に見えなくても、さまざまな細菌やウィルス、ハウスダストや排気ガスなど多くの異物が存在し、その中で生活しています。

ですから私たちの体内には知らずの内にこうした異物が侵入することもあります。
それでも病気にかかったり、体調を壊さずに済んでいるのは、免疫力が働いているからなのです。

腸にはリンパ球や顆粒球といった免疫細胞が多数存在していて、体の免疫力を維持しています。
腸内には体に有益な働きをする善玉菌と、体に害を及ぼす悪玉菌がいることはご存じでしょう。

腸の状態が良いかどうかは、この善玉菌がどれだけ多く存在しているかによって決まります。
腸内に善玉菌が多ければ免疫機能が整い、アレルギー疾患にも強い体といえるでしょう。

さて、腸の環境を良くするには善玉菌を増やすことが大事だとわかると思いますが、この善玉菌を増やすのに良い食品がヨーグルトなのです。
ヨーグルトには強い酸味がありますが、体内に入ると腸内が酸性に傾き、悪玉菌は数を減らします。

その上ヨーグルトに含まれる乳酸菌は善玉菌のエサにもなりますから、ヨーグルトを食べると善玉菌が増えてきます。
それに乳酸菌はマクロファージやナチュラルキラー細胞などに作用して、免疫細胞が暴走するのを防いでくれますから、アレルギー疾患にも強い免疫機能となるのです。

ヨーグルトを食べてすぐにアトピーが良くなるわけではありませんが、継続すればアレルギー疾患の改善に効果があるのは研究結果で明らかです。
少なくても1年間は継続して、ヨーグルトを食べてみましょう。